徒然日記

モノ・コト・ヒト・ジカン…あらゆるものに価値があり、それに気づくことに喜びを感じます。

信用と保身

仲の良い言葉だ。 信用できそうな人についていく、 言葉を信じる。 それは保身のため。 でも、それではいつまでたっても同じ井戸からは出ることはできない。 可能性がありそう、おもしろそう。 何かわからないけど、惹かれる。 かけてみよう。 前者にしても…

笑顔が素敵な人になりたい

どんな人、どんな人生を送りたいのか、とよく考える。 仕事、家庭、社会… 自分の価値が最大になるのは、どんな環境でどんなことをすることなんだろうと考える。 考えて、動いて、動いているときは悩まなくて、たどり着いて、また考える。 基本、死ぬまでいつ…

考えを言葉にする

自分が考えていることを言葉にする。 それができなければ、考えている意味が半分ぐらいになっちゃう。 (まったく意味がないという人もいますが、私はそこまでとは思わない。考えてることが蓄積されて、溢れ出すこともあると思うので。) 今日は、グループコー…

式を終えて

昨日の卒業式、行ってよかった。 私は元来、式とかに興味がない。 何よりもそこに至るまでの過程が大切だから、終わり方はどうでもいいと思ってしまう。 昨日は夫が、一緒に行こうよ、と言ってくれたから行けた。 久しぶりに共有する時間は、これが私を醸成…

卒業

卒業シーズンから大分遅れるが、私は明後日卒業式をむかえる。 2015年当時、福岡で営業をしていた私はいつも何かに焦っていた。 責任ある仕事を任せてもらったり、チーム内での位置づけが中間になってきたり。 立場が変わり、新たなアウトプットが必要になっ…

自分の楽しいを感じる大切さ

なんだか鬱々としたり、嫉妬する気持ちや、ネガティブな気持ちが強くなってるときは、一度立ち止まってみたほうがよい。 なんで自分がそう感じているのか? なにが自分をそうさせているのか? 外部要因であることは、結構少なくて、なんだかんだで自分の中で…

笑えてない

最近、笑えてないなと。 それを、身近にいる夫のせいにしている自分がいる。苦笑 夫よ、すまん。 ただ、夫の行動が私の気持ちをやさぐれさせているのは、まぎれもない事実でもあるんだけど。 これがまた矛盾するんだけど、夫にそうあってほしいと願う自分も…

若い人

久しぶりに、母校の定期演奏会に行ってきた。 少し前に仕事で、たまたま吹奏楽を耳にしたときに、想像以上に心が震えた自分がいて。 最近、久しぶりに部活の同期と飲み機会があって、ってな感じで、縁が繋がり行ってみた。 感動した。 ある曲のフィナーレで…

理論と現場の間

昨日、すごく論理的でクレバーな感じの人に会った。 わかりやすいし、ロジック通ってるし、納得感あるし… 単純に「すごい!」なと。 でも、こういう人は結構いるのかもな、とも。 持ってきてくれた答えは、こちらが持っていたものとそんなに差はなく、思考回…

夢の途中

自分が今いる場所は、完全系でも完成系でもない。 いままだ、夢の途中に自分はいる。 そこに至るまでに、辛い思いもしたし、涙もたくさん流したし、それでも今はまだ報われないかもしれない。 でも、それは夢の途中だから。 泣いたり悔やんだり不安に思うか…

既存組織にダイバーシティは必要か

最近こういう問いを目にすることが増えた気がする。 確かにあらためて考えるときなのかもしれない。 私のいまのところの答えは、 既存組織には必要ない。 しかし、会社には必要。 厳密にいうと、既存組織で行う事は優先順位が低い。 既存組織に必要ないと考…

自分のキャリア

私の最終形態は、 個人でアウトプットをし、それが社会にとって価値になる私になっていたい。 旧態依然とした組織の中で、 営業×人事の経験スキルをもとに、 個人改革、仲間改革、組織改革を進める。 それを自分の成果として、論文や文献にアウトプットとし…

頼りない分、優しい

優しくなくて、頼り甲斐がある人?よりも、 頼りなくても優しい人が私は好き。

限界

相手の求めるものに、ストレートに応えようとしない。 自分のなかで、できるできない損得の判断をしてしまう。 それが、彼の限界を作っている、大きな要因。 ストレートに応えようとしたら、それが叶う方法を考える。 彼は自分ができることからのチョイスし…

不安になる

人より軽いけど、ツワリがある。 特にお肉の匂いや、お米のたけたときの匂い… 気持ち悪くなる。 だいぶわかってきたので、必ずマスク&あやしいときは口呼吸に切り替え!で乗り切っている。 ツワリは本当に辛いんだけど、 なければないで赤さんに何かあったの…

生きてきた世界が、生きづらくなるとき

妊娠して、妊婦になって、 大切なものの優先順位が圧倒的に変わった今、 生きてきた世界が生きづらくなった。 会社の公式行事の飲み会が辛い。 あんなに楽しかったのに、お酒が飲めない飲み会は長い… 制限時間のない居酒屋にウンザリする。 まわりでタバコを…

平成30年 元旦

新年あけましておめでとうございます。 今年は、明治元年から150年の節目の年。 私自身、激動の1年となるはずで、いまから武者震い、ワクワクしています。 そんな1年だからこそ、 今年のテーマは オシャレ心を忘れずに、今ここに魂込める。 黄金伝説でナスD…

ライフコーチ

人生を生きていると、 迷うことや悩むこと、たくさんある。 レールがあって、その上で歩むうちは悩まないけれど、外れて草の上を歩いていくと、楽しいワクワクとわからない悩みが現れる。 それでも、歩んで行きたい先が見えると、不安はなくなって、歩むこと…

わからない

わからない。 よく使われる言葉。そして、とても危険な言葉。 わからないというと、お互い暗黙に行間として、 仕方ない、と終わりにしてしまう。 わからない、の先にある世界に飛び込んで、 答えを見つけるのが面白い。 わからない、で止まってしまうと 思考…

子どもを抱く幸せ

自分は健康だと思い込んできた。 欲しいと思えば子どもができると思っていた。 それは大きな大きな勘違いだった。 検診してわかったこと。 子宮の年齢が、自分の年齢より随分上だった。 医師から体外受精の言葉もでた。 それぐらい、私には残された時間がな…

自分をゼロ地点におく

いろんなことを学んだり、 いろんな経験を積むと、 ついつい自分を高いところに置きたくなる。 お調子者で、人から好かれたい自分は特にそうだ。 そんな状態で新しいことをはじめると、辛くなるし、大概うまくいかない。 私は、新しいことを楽しむために、 …

自分のいきたい場所へいく

東京で暮らすことに、違和感を感じていた。 会社が近いから、だけで暮らす場所を決めていた。 おもえば34年間、自分の意思で、暮らす場所を決めたことはなかった。 親の意思、会社の意思… 自分で自分の生きる場所を決めるというのは、 なんと気持ちのいいこ…

ヒトカンケイ

1人のヒトの内側には、大きな宇宙があると私は思っている。 ヒトの器が大きい・小さいとあるけれど、それは自己認識の大きさの問題で、ヒトそれぞれに大きい小さいはないと思う。 自らの宇宙のまだ見ぬところへ、一歩ずつ勇気を出して踏み出すこと、踏み出す…

自分をいかす

自分の傍らに、いつも置いておきたい本に出会った。 西村佳哲さんの「自分をいかして生きる(ちくま文庫)」である。 今まで私はマザーテレサ氏の本を傍らに置いていた。 何かに迷ったり、心が落ち着かないとき、本を開きそこに在る言葉に自分を投影してきた…

世界の小売店に触れたい

横軸と、縦軸。 今、世界中にはどんな小売店があるんだろう。 歴史的に小売店ってどんな風に存在したんだろう。 小売店。 小さく売る店。 すごく好きな響きである。 私は、そのお店から半径5キロの世界でその場所にとって必要な場をつくりたい。 自分の住む…

無力である喜び

新しいことは、 自分の無力さを痛感させてくれる。 自分の思考の浅さに嫌気がさし、 自分の能力のなさに立ち止まってしまう。 でも私は、自分が無力だと感じる場を求める。 自分の、いま在る力でできることは、 そう。そこまでのことなのだ。 もちろん、その…

人生は一度きり

引っ越すことにした。 今の住居は勤務先から車で15分、電車で40分。 混むこともほとんどなく、恵まれた通勤環境。 都心から離れることにした。 通勤は1時間半。 どうなるかドキドキするし、不安が多い。 でも、人生は一度きり。 東京で暮らすことに何も魅力…

転職?

社内でバタバタと、プロジェクトがはじまった。 今まで関わってこなかったような領域での仕事に、新しい会社にはいったよう!笑 転職したいと思っていた自分にはうってつけです。 ただ、わからないことが多く、自分の存在価値も不明確でたじたじ。 自分の価…

8月の振り返りと9月にむけて

夏が終わる。 暑い暑い、嫌だ嫌だと思っていても、涼しくなると寂しくなる。 暑いときは、それをしっかりと楽しむ。 少し背伸びをして、毎日生きる。 【8月】 ★出来事 ・プロジェクト開始! ・カマコンへ ・ホムパ ★能動的にチャレンジしたこと ・SCV勉強会……

女性にとっての特権階級

半年前に結婚式を終えた友人が、夫との不和で悩んでいる。 喧嘩をして、その度に話し合って仲直りをして、を繰り返している。 夫婦の形は様々だし、その繰り返しが2人の形ならいいと私は、いつも話を聞いている。 その友人と、私は価値観が結構違う。 理解で…