題名はまだ、ない。

モノ・コト・ヒト・ジカン…あらゆるものに価値があり、それに気づくことに喜びを感じます。それを共有できたらうれしいです。

意外…

お母さんは、働くことに不満を持っていた。

専業主婦だったが、以前店を切り盛りしていた祖母が倒れてから、母が父と二人で店をやってきた。

 

いつだって、店の愚痴ばかりだった。

 

そんな母が、入院してからというもの、店のことを心配している。

それまで母は、とにかく店を早く閉めたかった。

父には外に働きにでてもらって、と考えていた。

 

母いわく、

「なんだかんだで、いまベストな状況なのかもしれない。自分はこうなると外で働くことができないし、いまさら父も外で働くのはむずかしいだろう。そうすると、細々と店を続けるのがよいのかも。」

他にも、

「お父さんにとって、お店で働くことは生き甲斐。それをなくしたら、あの人は…。」

 

なるほど。