題名はまだ、ない。

モノ・コト・ヒト・ジカン…あらゆるものに価値があり、それに気づくことに喜びを感じます。それを共有できたらうれしいです。

切ないなぁ

記録からは少し飛びますが、現在。

 

母の退院に向けて今週末は家の掃除片付け、ベッドの準備など諸々やることがある。

 

私は福祉用具に関わる仕事をしているので、それなりにプライドがあるが…

母からは、あなたの会社の物はいらない、と。苦笑

退院後はベッドが必要だけど、ゆくゆくは布団に戻るつもりだし…と。

私はそういって、結局ベッドで過ごしていく人を何人も見てきた。

安物買いが結局高くつくことも知っている。

自社の製品は、手前味噌だがよいものである。それを持っておけば、死ぬまで困らないと思う。

でも、嫌なんだと。苦笑

 

父は、私に気を使いながら、言ってくれたが、当の本人である母はそこのところおかまいなし。

 

自分の仕事に誇りを持っているからこそ、少しさみしいが、そこは一般的な購買の流れを経験する、ということでよい体験だと自分を納得させることにする。

 

本音はやっぱり私が愛情を注いで育てている、ベッドを、大切な親に使ってほしいけどね。