題名はまだ、ない。

モノ・コト・ヒト・ジカン…あらゆるものに価値があり、それに気づくことに喜びを感じます。それを共有できたらうれしいです。

生きてきた世界が、生きづらくなるとき

妊娠して、妊婦になって、

大切なものの優先順位が圧倒的に変わった今、

生きてきた世界が生きづらくなった。

 

会社の公式行事の飲み会が辛い。

あんなに楽しかったのに、お酒が飲めない飲み会は長い…

制限時間のない居酒屋にウンザリする。

まわりでタバコを吸う人がいて、気が気じゃない。

お腹の子どもに影響したらどうすんだよ!と、気になって気になって仕方なくなる。

その立場になって気づいたこと。

飲み会は、始まりの時間だけではなく終わりの時間も決めよう。

女性がいる場合は禁煙のお店を選ぼう。

遠方の人がいる場合は、始まりを早くしよう。

 

こんな日に限って、電車がとまる。

泣きたくなる。

グリーン車には乗れない、超満員電車、座れたのに横のおじさんがひどく酔っ払いでどうしようもない。鼻水グズグズだし、大丈夫なのかよー。涙

 

今日の夜だけで、すごくストレスだった。

赤ちゃん大丈夫?無理してしまった、ごめんね。

明日は朝だけ大変だけど、午後からはゆっくり過ごすから許してね。

お願いします、元気に育ってください。

 

平成30年 元旦

新年あけましておめでとうございます。

今年は、明治元年から150年の節目の年。

私自身、激動の1年となるはずで、いまから武者震い、ワクワクしています。

 

そんな1年だからこそ、

今年のテーマは

オシャレ心を忘れずに、今ここに魂込める。

 

黄金伝説でナスDが語っていましたが激しく同感。

いつなんどきもオシャレ心を忘れない。

それが、自分に余裕をくれる。

 

今年は、

⚫︎オシャレに健康第一

⚫︎勉強の進化。自分の型へむかっていく。こねる。

⚫︎相手のことを考えた人間関係構築

 

優先順位は

1.健康 2.家族 3.勉強 4.仕事

(仕事低っ。)

 

やりたいことは

⚫︎奄美旅行

⚫︎家族コミュニケーション

⚫︎ヨガ

⚫︎西郷隆盛研究

⚫︎明治維新人物研究(未来の150年へ向けて)

⚫︎伊勢神宮

⚫︎古くて素敵な家との出会い

⚫︎airbnbのホスト

⚫︎カフェで バイト

⚫︎違う仕事

⚫︎親孝行

⚫︎旦那孝行

⚫︎鹿児島〜京都〜東京、明治維新旅行

 

自分を肯定して、シンプルにそこに立っている人、決断している人って、かっこいい。

そこには、余裕と楽しさがある。

 

1年ワクワクで生きよう。

 

ライフコーチ

人生を生きていると、

迷うことや悩むこと、たくさんある。

レールがあって、その上で歩むうちは悩まないけれど、外れて草の上を歩いていくと、楽しいワクワクとわからない悩みが現れる。

それでも、歩んで行きたい先が見えると、不安はなくなって、歩むことに恐れはなくなる。

そして、また悩みかんがえ、前に進む。

 

そのときに、立ち止まりすぎないよう、悩みすぎないよう、分岐点で自分の想いを吐露して、そして問いかけてくれる人、適切なフィードバックをくれる人。

 

それがライフコーチ。

わたしの人生だ。

わからない

わからない。

 

よく使われる言葉。そして、とても危険な言葉。

わからないというと、お互い暗黙に行間として、

仕方ない、と終わりにしてしまう。

 

わからない、の先にある世界に飛び込んで、

答えを見つけるのが面白い。

 

わからない、で止まってしまうと

思考はそれ以上先には進めない。

答えも出ない、行動もできない。

 

わからない、のその先へ。

子どもを抱く幸せ

自分は健康だと思い込んできた。 

欲しいと思えば子どもができると思っていた。

 

それは大きな大きな勘違いだった。

検診してわかったこと。

子宮の年齢が、自分の年齢より随分上だった。

医師から体外受精の言葉もでた。

それぐらい、私には残された時間がない。

 

ずっと子どもを産むと思ってたし、それを望んでいたつもりだった。

 

子どもを抱く幸せを感じたい…。

 

心の整理はついて、時間がないなら早く行動しようと、前を向いている。

体の変化に弱く、メンタルも引っ張られやすい自分が、不妊治療と仕事を両立できるの不安だが、でも同じように頑張っている人たちは沢山いる。

 

私の頑張るが、だれかの励みになることもある。

前を向いて進んでいこう。

 

f:id:kurumayato:20171214133012j:image 

 

自分をゼロ地点におく

いろんなことを学んだり、

いろんな経験を積むと、

ついつい自分を高いところに置きたくなる。

お調子者で、人から好かれたい自分は特にそうだ。

 

そんな状態で新しいことをはじめると、辛くなるし、大概うまくいかない。

 

私は、新しいことを楽しむために、

自分をゼロ地点にもどす。

意識してもどす。

 

そして、自由に発言し、つぶされ、立ち上がり、またつぶされる。

そうして、新しい世界へ歩んでいく。

自分のいきたい場所へいく

東京で暮らすことに、違和感を感じていた。

会社が近いから、だけで暮らす場所を決めていた。

おもえば34年間、自分の意思で、暮らす場所を決めたことはなかった。

親の意思、会社の意思…

 

自分で自分の生きる場所を決めるというのは、

なんと気持ちのいいことか、と思う。

 

海と山と大切な人たちが、近くにいる場所へ移動した。

会社へは往復200分の通勤。

1日の時間の中で、13.8%をしめる。

 

でも、よかった。

生きている心地がするし、気持ちいい。

これから、もっと面白いことも起きそうだ。

 

日々、無意識に自分で選択しているが、

意識を持って自分で決断していくということは、なんとまぁ気持ちのいいことなんだろう。